2017年8月19日土曜日

From Instagram


dマガジンなどでデジタル配信されている、Hot-Dog PRESS。 8月17日配信号の、「オトコなら金属製!メタルアイテムで決めろ!!」に、フライパンや靴べらなどが掲載されました。 機械がありましたら、ご覧頂ければ幸いです。 http://ift.tt/2vLLAea #fb via Instagram http://ift.tt/2wYWsny
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年8月16日水曜日

From Instagram


片手フライパン、4L(Φ28cm)〜S(Φ18cm)。 #fb via Instagram http://ift.tt/2fJspfm
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


夏の暑さと制作の熱さに日々格闘していたら、すっかりご無沙汰してしまいました。 いよいよ来週から、熊本の鶴屋百貨店さんでの催事、「日本の技展」が開催になります。 只今、最後の追い込み真っ最中。 熊本の皆様には、前回大きめサイズが好評でしたので、今回は今までよりも大きめの4L(Φ28cm)、3L(Φ26cm)や、2L(Φ24cm)をメインに用意いたします。 4L、3Lの催事での販売は、今回初。 熊本の皆様にまたお目にかかれることを楽しみに、あともうひと頑張りいたします。 どうぞ宜しくお願いいたします。 #fb via Instagram http://ift.tt/2vZRgSz
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月27日木曜日

From Instagram


ここしばらくは、だいぶ涼しげで、ずいぶん助かりました。 また暑くなってくる前に、はかどるうちに、進めておきたいものです。 #fb via Instagram http://ift.tt/2v1pYKN
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月26日水曜日

From Instagram


材料取りに本格参戦した妻に、パワードスーツならぬ、チョイ楽アーム、使ってみてもらいました。 「こういうのちゃっちゃと作れるんなら、子供部屋の照明のアームとか棚とかも、ぱっと作れるんじゃないの?」 …ごもっとも…。 とりあえず、作業、楽にはなったみたいです。 #fb via Instagram http://ift.tt/2v6GzgO
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月24日月曜日

From Instagram


まるで祈りを捧げているかのように、ただ一心に向かい合える仕事。 向かい合うことが、作ることそのものが、祈りでもあるような仕事。 いろんなものを削ぎ落として、最後に心がすっと納まる場所は、やっぱりいつも、そんな仕事。 #fb via Instagram http://ift.tt/2uNIIha
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月23日日曜日

From Instagram


作ることも、暮らしていくことも、生き方も。 複雑に絡まりあうようなあれこれを、 解きほぐし、手繰り寄せるようにして、 一番大事なことをシンプルに捉えられたら。 どのような状況であれ、誰かの助けとなり、 どこかで誰かの幸せにつながるような仕事ができれば、 それが何よりの幸いではないかとも思います。 医療用器具の鍛造パーツの制作。 恐ろしく硬い上に、熱しすぎても温度が低くても割れてしまいやすいという、結構やっかいな材料ですが、誰かの助けとなるようなよい道具となってくれるよう、いつも祈りながら制作しています。 #fb via Instagram http://ift.tt/2uU0yiR
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月11日火曜日

From Instagram


設計士さんやお施主さんとの打ち合わせ用に、ちょっとしたアクセントとなるような、金物のサンプルを作ってみました。 デザイン画をいろいろ描いて送ったあとで、いやでも実物あった方が、質感とかイメージしてもらいやすいんじゃないかと。 #fb via Instagram http://ift.tt/2udcRGD
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月8日土曜日

From Instagram


機械や工具が、次々に壊れたり修理が必要になるアクシデント連発で、しかも土曜日…。涼しげな森や山へ、行きたくなりますね。イメージだけでも…。 #fb via Instagram http://ift.tt/2sRdx4n
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月7日金曜日

From Instagram


来週、東京ビッグサイトで開催される、リフォーム産業フェア。 株式会社オブラジャパンさんのブースにて、ステンレスのドアハンドルも出品されます。 同規格での注文や、ご希望のデザイン、寸法などでも、オーダーのご相談を承ることもできますので、機会がありましたら、どうぞご覧いただければ幸いです。 7月11日(火)、12日(水) 東京ビッグサイト 西3·4ホール 入場無料 #fb via Instagram http://ift.tt/2tmsSIz
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月6日木曜日

From Instagram


納品と打ち合わせに、湾岸の工業地帯へ。 もう何年も前に、最後の鍛冶屋さんが作った道具も見せてもらいつつ、試作品を実際に使ってもらいながら、いろいろとご意見やご要望をお伺いしてきました。 ほんのちょっとした違いでも、現場の職人さんは分かるし、そのちょっとした違いでなにが変わるのか、それもきちんと教えてくださる。 長年改良を重ね、削ぎ落とされ洗練された道具は、その形全てに意味がある、ということを、改めて思います。 「今、世界で一本だけだよ、これ」、と冗談めかして言って下さったのを糧に、あともう少し改良を重ねたら、いよいよ本生産。 #fb via Instagram http://ift.tt/2tTCHzp
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年7月2日日曜日

From Instagram


さっき一瞬、蝉が鳴いたような…。 梅雨はいずこに……。 #fb via Instagram http://ift.tt/2tD6Lz6
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年6月29日木曜日

From Instagram


通り過ぎてしまうことができずに、ふと立ち止まり、そこにある何かに見入ってしまうとき。 そのものが気配を持つに至るまでに、どれほどの思いや時間が重ねられてきたのだろうと、思いを巡らせてしまいます。 #fb via Instagram http://ift.tt/2spmEUI
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年6月27日火曜日

From Instagram


カレー大好きなのです。美味しい〜。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2rW6ylV
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


お昼は、フライパンの看板を制作した、永田町近くのtiny pease kitchenさんへ! #fb via Instagram http://ift.tt/2rWl4KA
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


今日は、どうしても見たい展示会があり、臨時にお休みを頂きました。 関野温さんの写真展、「旅でしか出会えない風景 part2」。 数年前にpart1を見て以来、すっかり魅了されてしまい、次の展示会をずっと楽しみにしていたのです。 関野さんの写真を見ていると、ある瞬間を切り取った光景なのに、そこに流れている「時間」をとても感じます。 ずっと昔から、そこにあったもの、営まれてきたもの、長い長い時の果てに、使われなくなり、朽ちていくもの。 そこに見えているものも、隠れているものも、様々な気配が、そこから感じられるように思います。 関野さんが、日本中を旅しながら、何かを感じてカメラに収めた風景の数々。その写真にどうしても惹かれてしまうのは、きっと自分もそういう風景を、どこかでずっと探してきたということでもあり、その風景に巡り会えた時に感じる気配を、ずっと求めてきたと言うことかもしれません。 ずっと昔から、受け継がれてきたものの姿や風景。 静かにそこにあり続けるものたちの姿。 ただ静かに、己の役割を全うしようとあり続けるものの姿。 役目を終えたあと、世界の中へと還っていくものの姿。 あり続けた長い永い時の姿。 僕はそういうものの姿が見たくて、そういうものの姿や生き様を知りたくて、そうして、そういう姿で命を全うするものを作りたくて、ずっと探し求めている。そんな気がします。 「旅でしか出会えない風景 part2」関野温写真展は、新宿御苑のフォトギャラリー シリウスで、明日6月28日までの開催です。 お時間ありましたら、ぜひ! via Instagram http://ift.tt/2sVwqjb
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年6月26日月曜日

From Instagram


次のプロジェクトは、妻にもデザイン担当してもらって、動物たちがそこかしこに隠れている、森の○○○。 #fb via Instagram http://ift.tt/2tLj6OD
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


昨日は、今年前半最後のフライパン制作体験。 自分にとってもとても印象深いものとなりました。 鍛冶仕事にずっと憧れていたという方で、スケッチブックには、洋書の技法書かと思えるような、精巧なスケッチの数々や、「鍛造、金床、鏨」などなど、たくさんの用語が丁寧な漢字で書いてあり、びっくり。 聞けば、アメリカでは、建築やデザインのお仕事をされていたそうで、作りたい道具のアイデアもたくさんあるとおっしゃっていました。 グラフィックデザインの仕事も見せてもらいましたが、それもまた素晴らしくて、自分も大興奮。アメコミ調のイラストレーションの中に、様々な道具や日本の要素なども取り入れられていて、思わず、「Wow!」「Amazing!」と連発してしまいました。 あぁこの方は、きっといい仕事をたくさんするんだろうな、と、彼の様々な才能と本気度に感銘をうけ、こちらも襟を正される思いで、励みともなり、でもとても楽しい、貴重なひと時を過ごすことができました。 自分もいい道具、いい仕事ができるように、もっと精進しないと。 あと英語ももうちょい勉強し直さないと(苦笑)。 良い機会に良い出会いを頂けたことに、感謝しています。 #fb via Instagram http://ift.tt/2tak9dz
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年6月16日金曜日

From Instagram


今朝は久々、ホットケーキ。 フライパンの縁から、ココナッツオイルを溶かし込んで、ちょっと揚げるように焼き上げたときの、表面カリカリっとした食感が、個人的には大好き、子供も大好きレシピです。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2svDGnZ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年6月14日水曜日

From Instagram


仕事旅行社さんの鍛冶屋になる旅、フライパンの制作体験は、また7月 8月、夏休みを頂きます。なので、6月いっぱい、あと2回。 体験のオプションとして、通常はSサイズ(Φ18cm)ですが、Mサイズ(Φ20cm)も選択できるように致しました。 サイズ変更をご希望の場合は、お申込みの際に、その旨選択またはお書き添えください。 材料取りの都合上、事前にお申込み下さい。 当日の変更希望は、ご希望に添えないことがございますので、ご了承ください。 #fb via Instagram http://ift.tt/2rr2rlZ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


子供が保育参観で、大きくなったらなりたいものの絵を描いて発表するする機会があったのですが、「忍者とフライパンを作る人とアイドルとプリキュアになりたい」と言ったとか。 おとうちゃん、もうそれだけで、うるうる嬉しいです。どれもあんまりお勧めじゃないかもしれないけど…(苦笑)。 いつだったか、「どうせだったらフライパン1000枚作ってみよう!」と願をかけ、あれ?そう言えばいまどのくらい作ったんだろう?と数えて見たら、分かる範囲で931枚でした!今制作中のが全部できたら、970枚。 この仕事を始めるとき、叔父に、ある職人さんが、1000羽雀を作って、ようやく認めてもらえるようになったという逸話を説かれ、以来、1000、という数字がいつも頭の片隅にありました。 1000枚作ったら、そこからまた何か見えて来るかもしれない。 そんな気持ちで作り続け、遅いのかもしれないけれど、ようやくあと一息。 時には、あんまり見たくはなかったな、というものも見えてきてしまったりもしますが、でもやっぱり、遠回りでも歩いてきて良かったなと思います。 「おとうちゃん、こういう思いで、こういう願いを込めて、これ作ったんだ」と、子供に伝えられるような、作り手としての気概を込めて、ひとつひとつ、作ることを重ねていきたいと思います。 フライパン1000枚達成したら、感謝を込めて、何か特別なフライパン、プレゼント企画やりま〜す!! #fb via Instagram http://ift.tt/2smwfzp
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年6月6日火曜日

再生、Made in Nippon。


職人さんたちに必要とされている道具なのに、
今はもう、日本では作る人がいなくて困っている。
そんな話が、様々な業種から聞こえてきて、
いくつかのプロジェクトが並行して進んでいます。

使ううえでの最適な形と、作るうえでの必然の形。
試行錯誤しながら、失敗を重ねる中で、
それが見事に融和していることに気づいたとき、
この道具と向き合えてよかった、と思います。

靴職人さんたちが使う、ワニという道具も、そのひとつ。
ガタツキのない、トラディショナルボックスタイプの接合部もクリア。
ひとまず作れるようにはなったので、あとは強度と耐久性の検証と、「道具」として成り立つように、生産性をどこまで高められるか…。

いつの日か、職人さんたちの「手」となり、その先に新たな価値を生み出すような、新たなMade in Nipponのブランドを再生できたら…
などと、ひそかに大それた野望も抱きつつ(笑)。
ここからまた、挑戦してみたいと思います。



右が、海外のアンティークショップから取り寄せたワニ。真ん中は、日本で最後と言われる職人さんが作ったワニ。左が今回試作したワニ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年5月24日水曜日

From Instagram


かつて自分がいた場所。 そこで何を思い、どう動いたのか。 原点ともいえる場所に、ふと立ち返る。 そんな瞬間は、いつも思いがけずあるものです。 問い合わせの電話の向こうから聞こえてきた、 工場のラインで機械たちが奏でる、様々な音色。 交代勤務なので…との現場の方の声に、 かつて自分も新人の頃、工場で現場の方々と共に、 半年ほど交代勤務に入っていたことを思い出しました。 一週間交代で、昼夜逆転させるときの眠気との闘い。 残業の時に現場の人に支給されて、いつもお裾分けしてもらえた焼きそばパンとコーヒー牛乳。 夜勤明けの妙なテンションで、踊っていた主任の姿。 あの時はずいぶん痩せましたが(笑)、あの頃の濃密な時間が、やはり自分にとってのものづくりの仕事の原点だった、とも思うのです。 そんなことを思い出しながらの作業となった、昨日のワークショップ。 ふと立ち返り、そこから今を、未来を、降り返る。 どこまでも行けるのは、きっとどこかに、帰ることのできる場所があるからかもしれません。 #fb via Instagram http://ift.tt/2rO3TeA
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年5月22日月曜日

From Instagram


お施主様の好きなバラのサイン、施工完了です。 それにしても、今日も暑い日でしたね…。少し涼しげな色合いで、お客様をお迎えできれば。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2qNQXoW
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年5月21日日曜日

From Instagram


大正時代に創業したという企業から頂いた、制作依頼。 どうしても機械ではできず、熟練の職人の手仕事でなければ できない作業があり、その時に職人の手となり腕となる道具も、 また機械ではどうしてもできないのだとか。 今までその道具作りを頼んでいた鍛冶職人さんが、 高齢でやめてしまい、以来、ほうぼう探し求めているけれど、 満足のいく品には巡り合えていないとのことで、 私のところに訪ねてきてくださいました。 プレスでも作るのが厳しく、機械打ちでもできないと断られた、 と聞いては、がぜん血が騒いできて、もうどうにもやりたくて 仕方がなくなるのが、職人の性というものなのでしょうか。 幸いにも、今まで培ってきた技法を応用すれば、 何とかいけそうだとの感触で、試作をお引き受けすることになりました。 いろいろと面白いお話も伺えた、打ち合わせの後。 その技術で仕事ができるのは、もう日本では1社か2社、とのお話に、 もしかしたら、機械ではできない領域を見極め、 手仕事の技術を磨いてきたからこそ、 創業以来、ずっと続けてこられたのではないかとも、ふと思います。 機械ではできない領域を知る職人さんたちを唸らせるような、 そんな道具を作れるように、いずれなりたい。 創業10年ちょっとのひよっこの、それが次の10年の目標のひとつ。 [メールマガジンRyuze+ 2017.5.20 に掲載のコラムより] 様々なジャンルで活動する10名のコラムニストが、毎日厳選されたフレーズとともに、日替わりでコラムをお届けする、ココロチューニングマガジン。毎週土曜日に、コラム掲載中です。 http://ift.tt/2pX41v5 #fb  via Instagram http://ift.tt/2rpfWS2
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年5月18日木曜日

From Instagram


とある企業から、社員研修のお礼状を頂きました。 何百人もいる社員全員が、各々行きたい研修先を探し、 今まで体験したことがないような職種の仕事を体感する。 「専門職だからこそ、いろんな職業を想像できなければ。」 「専門サービスを利用するお客様のために、 『想像する』範囲を広げたい。」 という研修のコンセプト、確かに、とも思います。 研修先の人たちのために、自分たちは何ができるか、 と考察する研修レポートからも、考えるきっかけをもらいました。 自分なら、この腕、技術、持てるものを費やして、 どう関わり、どう役に立てるだろう。 思いがけないところと関わりあうことも、 多くなってきたこの頃。 何ができるのか、想像してみるところから。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2pNbxZg
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年5月17日水曜日

From Instagram


ここしばらく、慢性的にフライパンの制作の方が追いつかない状況が続いていて、かなり長期に渡りお待たせしてしまっていましたが、この度、意を決して、要となる当金を全面的にリニューアル。 普通ならまずやらないであろう作り方で作っているので、少々時間はかかりますが、自分の思いのままに微調整が効くので、制作しては調整しつつ、ようやくいい具合に整いました。 結果は上々、4LからSSサイズまで、制作スピードも仕上がり具合も、かなり向上したのではないかと感じています。 さぁ、これで頂いているご注文にも、夏に向けても、ガンガン対応していける体制が整ってきたのでは、と。 そして、この制作方法を応用して、また新たな方面のご依頼にお応えできそうで、どう作ろうか、イメージトレーニングしつつ…。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2qraflH
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年5月1日月曜日

結婚式のサプライズプレゼントムービー


先日、富山からはるばるフライパンの制作体験にやってきたくださった方々。
結婚式の新婦様への、新郎様からのサプライズプレゼントということで、披露されたムービーです。

(通常は、動画のUPは基本的にはお断りしているのですが、)本当に遠路長時間をかけてきてくださったのが伝わってきて、またなんだかとてもさわやかな映像でしたので、こちらからぜひにと、公開して頂きました。

新婦様にも、ご出席の皆様にもご好評だったとのことで、こちらとしても嬉しい限りです。
ご自身の手作りのフライパン、新しい暮らしの中で、末永くご愛用頂ければ幸いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年4月28日金曜日

お応えしていけるように…。




ご無沙汰しがちのまま、春もあっという間に駆けてゆき、もう新緑の季節...。大変失礼致しております。

私事ながら、第二子誕生に伴い、昨年末くらいから、公私共に想像以上に立て込んでしまい、たくさんのご依頼を頂いておきながら、なかなかお応えできないことも多く、多くの皆様をおまたせしてしまい、申し訳ございませんでした。

4月からは下の子も保育園に通うこととなり、相変わらず毎朝毎晩バタバタしてはおりますが、それでもようやく少しずつ落ち着いてきて、ひとつひとつにじっくりと向き合い、お応えしていけるような環境が整ってきたように思います。

誕生日の制作は、医療器械メーカーさんの手術用の道具の鍛造。恐ろしく硬い材料に、四十過ぎの体をバキバキ言わせながら、でもそうした仕事ができる喜びも噛み締めています。

「今まで頼んでいた鍛冶職人さんが辞めてしまって...」と、お問い合わせを頂く機会も多くなってきました。
華やかさもなく、表立って人目を引くような仕事ではありませんが、現場の仕事を支え、暮らしを支える縁の下の力持ち的な仕事、これからも力を入れて、お応えしていくことができればと願っています。

なので、今年もイベント等の出展は、だいぶ控えめにする予定です。
まずはご依頼頂いている方々、お問い合わせをくださる方々に、今よりももう少し早くお応えできるように、力を注いでいきたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします。

via Instagram http://ift.tt/2pnEOGD
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年4月7日金曜日

From Instagram


特注で制作のフライパン(LL)、蓋付き、革巻き。 大切な方への、贈り物にと。 #fb via Instagram http://ift.tt/2nQU25v
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月28日火曜日

時の重み


これだけ安価で使いやすい工業製品が大量に出回っているのに、なぜわざわざ手作りするのか?

そう聞かれることが、やっぱりたまにあります。


いろいろ理由はあれども、一番自分にとって大事にしてきたことで、一番営業っぽくないのは、

「時の重みに負けることのない品を作りたいから。」


自分自身、一人の作り手として、売り手として、そして使い手としても思いますが、作り手や売り手が、効率や利益を優先して、短命で消費され、次から次へと買い換えてもらうようなものづくりをしていると、使い手も自然と、そういうものだとしか思わなくなり、そういう使い方しかしてくれなくなる。


時の重みに耐えられないものにとっては、時を経るごとに刻まれるものが、傷みや汚れ、破損でしかないかもしれないけれど、時の重みを身にまとい、なお一層風格を持つものとなってほしいとの願いを込めるには、作る時から、それ相応の意志と時を刻んでいくことも、ひとつの方法なのではないかとも、思うのです。

変わらずにあり続けるのではなく、変わり続けることで変わらないように。


一人の作り手としても、また一人の売り手としても、そして一人の使い手としても、便利さに流され、溺れてしまわぬように、いたずらに消費し続けてしまわぬように、どこかで踏みとどまるものが、ついつい流されやすい自分には、やはり必要なのではないかと思います。


日々繰り返していくことに、自分自身の時間に、向かい合えるような、そんな品を作り、そんな品に出会う。

そんなものづくりも、自分にとってのひとつの在り方ではないかと思い、またそうあれたらと、願っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月27日月曜日

「縁」が「起」きてくる。



「ない」と思えば単なる偶然に過ぎなくても、「ある」と思えば見えてくるもの。
このところ、「縁」というものに思いを馳せる機会が、多々あるように感じています。

先日は、ある小学校の3年生のクラスが、授業の一環として鍛冶体験に来てくれました。
実はそこは、独特の教育方針で名の知られた学園で、私が最初に住み込みで働いていた同じ町にあり、当時から何となく気になっていた学校でした。

ある日突然、電話でその懐かしい名前を聞いた時には、びっくりすると同時に、どこか嬉しさも感じたり。
まったくの偶然ではあるのですが、それもまた「縁」かもしれない、と。

米作りも、家までも作ってしまうという小学生たち。生き生きとステンレスの小匙作り、楽しんでくれたようです。
最後には、この日のためにと練習してきた、鍛冶屋の詩を暗誦してくれたり。

また、先日体験に訪れてくださった方は、ずっと以前、まだ独立開業したばかりの頃、メールマガジンで紹介された私の展示会のお知らせを覚えていてくれて、ある時ネットストアでフライパンを見かけて、もしかして…と探してくださったのだとか。
意外と近くに何度もいらしていたり、妻の実家の隣町出身だったりと、偶然の連続に、話も弾みました。

人でも、物でも、出来事でも。
出会うことはみな、何らかの確率であったり、偶然の積み重ねであるのかもしれません。

それでもそこに、何かを感じたら。

すぐそばにいたり、ずっとあり続けているものでも、知らなければ、自分の中には存在しないも同然だったもの。
それが、探し求め、出会うことで、その瞬間に、 ぱっと立ち現れてくる。

「縁」が「起」きる。
その瞬間に見えてくる、自分自身の大切な意味。

いくつもの偶然の出会いの中から、かすかなシグナルを手繰り寄せるようにして、誰もがそれぞれにとっての確かな意味や物語を、紡ぎだしていくのかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月26日日曜日

鉄のフライパン、3+3のポイント。



鉄のフライパンの3つのポイント

1.高温に強い

熱に強く、強火でも調理できるのが、鉄のフライパンの良さの一つ。チャーハンや焼きそばなど、温度が低いとべちゃべちゃになってしまう料理も、高温で調理することで、むしろ焦げ付きにくく、パラパラと香ばしく美味しく出来上がります。余分な水分も上手にスチームされて、野菜も甘みがギュッと感じられることも!


2.蓄熱性に優れている

厚みのある鉄は、極めて蓄熱性に優れています。薄い金属に比べ、熱がゆっくりと伝わり、調理中の温度変化が少なく、またムラなく均一に熱が伝わるので、厚い肉や野菜、ハンバーグなど、内部にもしっかり熱が伝わります。

3.鉄分がとれる

文部科学省があらためてに調査した食品成分表によると、ステンレス製の鍋で作ったひじきは、鉄鍋で作ったものに比べて、鉄分の含有量が9分の1ほどしかなかったとのこと。
鉄鍋で調理することによって、自然と毎日、鉄分も摂取できます。

※素材の旨味が凝縮され、シンプルな調理方法でも美味しい!




Metal NEKOのフライパンの3つのポイント

1.壊れにくい一体成型

調理部分もハンドル部分も、同じ1枚の鉄板から叩いて作った、どこにも継ぎ目のない、流れるような形が特徴です。
このため、別の素材のハンドル部分が先に壊れてしまうこともなく、接合部分が緩んだり外れたりすることもなく、ずっと長く使うことができます。
また、接合部分がないため、汚れが付かないというメリットも。

2.手打ちで鍛え上げた緻密な構造

表面の独特な文様は、火造りで出来た独特の証。細かな凹凸が、油なじみも良くします。鋳物でもプレスでもなく、真っ赤に熱して鎚で何度も打ち鍛えて形作った、鍛造のフライパン。打ち鍛えた分、組成も密に、蓄熱性も高くなります。

3.焦げ付きにくく、錆にくい、油焼き付け仕上げ

何年も使い込まれたかのような真っ黒な姿は、油を高温で焼き付けることで、重合した層となってコーティングされているもの。この層があるため、最初の空焼きや油ならしは不要で、すぐにお使いいただけます。お手入れも容易で、焦げ付きにくく、錆びにくく、またご自分でメンテナンスも可能なため、末永くお使い頂けます。

※初めての方にも使いやすく、一生付き合えるフライパン!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月23日木曜日

From Instagram


きょうも伊勢丹府中店6F リビングフロア・キッチン売り場にて、展示販売致しております。 28日(火)まで、どうぞ宜しくお願いします。 #fb #iron #ironworks #blacksmith #metalneko #forge #鉄 #鉄フライパン #handmade #展示会  #府中 #伊勢丹 via Instagram http://ift.tt/2nKB43T
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

「フライパンの油焼付メンテナンスの極意」、ご愛用の方に限定プレゼント!

「フライパンの油焼付メンテナンスの極意」、ご愛用の方に限定プレゼント!

Metal NEKOのフライパンは、最初からすでに長年使いこんだかのように、全体が真っ黒な姿をしているのが特徴です。
これは、油を焼き付けて仕上げているためで、高温で重合した油が層となってコーティングされているため、焦げ付きにくく、錆びにくく、初めての方にもとても使いやすいフライパンと、ご好評頂いております。

この層も、使い込んでいく内に、次第に剥がれてきてはしまうのですが、メンテナンスのコツを掴めば、ご自分でもご購入時と同じように、何度でも真っ黒に焼き付け直すことができます。

料理もほんの一手間、隠し味のように加えることで、深みを増し、彩りを添え、なお一層おいしくなるように、道具もほんの一手間、お手入れをして頂くことで、時の重みと深みをまとったより良き相棒となり、末永くお使い頂けるのではないかと思います。

この度、ご家庭でのメンテナンスについて、長年培ってきた独自のコツとポイントを、余すところなくまとめたマニュアルを作成しました!
日々Metal NEKOのフライパンをご愛用頂いております方限定で、ご希望の方にお送りいたします。

ご希望の方は、

1. ご購入時期とご購入頂いた店舗
2. 現在の状況が分かるようなフライパンの画像
3. ご使用になられた感想や、ご意見、ご要望
4. 油焼付仕上げの極意ファイル受取方法 (メールでのファイル添付、サイトからのダウンロード、郵送)
5. メールアドレス、または郵送先ご住所
6. 頂いた画像やご感想の、各種SNS、ブロク等への掲載の可否

をお書き添えの上、facebookやinstagramのメッセージまたはメールにて、お申し込みください。

もちろん、ただ今伊勢丹府中店で開催中の展示販売でお買い求めくださった方にも、その場でお渡しいたします(予定)。

便利さや効率だけでは測れない、暮らしや心の豊かさを彩る、相棒のような道具となることを願って。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月22日水曜日

From Instagram


本日から、伊勢丹府中店6F リビングフロア・キッチン売り場にて、展示販売行っております。 3月22日(水)~28日(火)までの開催です。 またよき出会いがありますように! #fb  via Instagram http://ift.tt/2o3WuVN
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月6日月曜日

From Instagram


深く刻み込まれた思い出は、触れればすぐに思い出させてくれる。 昨日はずいぶん対話(メンテナンス)をして、今日はお互い、すこぶる調子が良いみたい。 そういう道具に、いつも会えたらと思う。 自分の作る「もの」も、いつか誰かにとっての、そんな「道具」になればと願う。 共に道を歩いていくように。 互いにどこかへ導きあうように。 そんな「道具」と。 #fb via Instagram http://ift.tt/2mV2z74
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年3月5日日曜日

From Instagram


制作体験で説明を終え、フイゴのスイッチを入れたのに動かない。あれ?と思ったら、断線していて。 体験を終えて、自分の仕事に取り掛かろうとしたら、至るところにまた穴が開いてきているのに気づいて。 あぁ、いろいろと伝えたいことがあるんだな、と。 一番最初から、一緒にやってきた無二の相棒。 いいよ、今日はとことん付き合おうじゃないか。 #fb via Instagram http://ift.tt/2lL6IJ2
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月28日火曜日

From Instagram


「人の手仕事から伝わる何かが、私たちに『心の平安』を与えてくれる。そういうような物や事を工芸というのではないかと思った。」 [生きるための心の道具 眞田岳彦]熊本伝統工芸館にて この言葉を、心のお土産に、帰ります。 明日から、また。 #fb #熊本 via Instagram http://ift.tt/2mzxyFV
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


朝は逆光だったので、美術館に行く途中で、もう一度参拝。 via Instagram http://ift.tt/2lQskFr
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


熊本での催事の無事の終了と、商売繁盛のお礼と、熊本の復興を願って、熊本城と加藤神社へ。またご縁がありますようにとも、祈ってきました。 さすがの名城、至るところが崩れても、なお圧巻でした。 いつかまた、修復を終えて、間近で見られることを願っています。 #fb via Instagram http://ift.tt/2m0eTFn
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月27日月曜日

From Instagram


熊本の鶴屋百貨店さんでの催事、「くらしを彩る職人展」、全日程、無事終了致しました。 初めての場所での初めての催事、失礼かと思いますが、こんなにフライパンをお買い求め頂けるとは、正直予想外でした。 熊本の皆様、暖かく迎えて下さって、心より篤く御礼申し上げます。 また、大変多くの皆様より、貴重なご意見を多々賜り、次に作りたいもの、展開の仕方など、この先の課題や目標が見えてきました。 また機会を頂けましたら、さらなる発展と共に、皆様にお目にかかれますよう、励んでまいります。 熊本の美味しい料理もたくさん頂けました。 ぜひこちらもまた、食べる機会があることを願って(笑)。 熊本の皆様、ご一緒できた皆様、本当にありがとうございました! #iron #ironworks #blacksmith #metalneko #forge #鉄 #鉄フライパン #handmade #展示会  #催事 #熊本 #職人 via Instagram http://ift.tt/2lN7MO4
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

From Instagram


熊本、鶴屋百貨店さんでの「くらしを彩る職人展」も、いよいよ本日最終日。熊本初上陸で、皆様には、「今までこういうのは見たことなかった」とご好評頂き、お招き下さって、大変ありがとうございました! 熊本の皆様には、大きめのサイズがご好評のようで、只今ご予約での制作も承っております。 北は北海道の礼文島から南は沖縄、バンコク、シンガポール、東?はアメリカから西?はフランスまで、多くの皆様にご愛用頂き、大変嬉しく感じております。 末永くお使い頂けますよう、アフターフォローやメンテナンスも承っておりますので、一生付き合える道具として、ぜひどうぞ宜しくお願い致します! 本日16時にて閉場いたしますので、ご注意下さい。 #fb #iron #ironworks #blacksmith #metalneko #forge #鉄 #鉄フライパン #handmade #展示会  #催事 #熊本 #鶴屋百貨店 #職人 via Instagram http://ift.tt/2loBqsc
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月25日土曜日

From Instagram


「くらしを彩る職人展」も、いよいよ後半戦。 鶴屋百貨店さんの裏手には、小泉八雲の旧居がひっそりと建っていて、毎朝この前を通っています。 小泉八雲といえば、松江とばかり思っていましたが、熊本にもいたとは、不勉強で知らなかったなぁ…。 #fb via Instagram http://ift.tt/2l95FTa
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月24日金曜日

From Instagram


今気が付きましたが、鶴屋百貨店さんの職人展のチラシに使われているアイアンのラック、自分のところで作っている品でした!巡り巡って、まさかここでまた再開することになろうとは…。これもまた、不思議なご縁かもしれません。 頂いたご縁を大切に。 熊本の鶴屋百貨店さんでの催事、「くらしを彩る職人展」、3日目を迎えます。本日もどうぞ宜しくお願いします。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2l5fu4c
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月23日木曜日

From Instagram


昨年の熊本地震から10ヶ月。 いち早く営業を再開した、熊本の老舗、鶴屋百貨店さんより、熊本の復興を願い、元気づけるために職人展を開催するので、是非、とお声をかけて頂き、取り仕切っていらっしゃる打刃物鍛冶職人さんの強い熱意をお伺いし、熊本には少なからずご縁を感じるところもあって、是非!と今回出店させていただきました。 昨日初日を迎え、催事中にも、少し大きな地震がありましたが、催事の賑わいと熊本の皆様の活気溢れる様にこちらが驚かされました。 時折皆様より被災のお話なども伺いながら、良き催事となりますよう、微力ながら尽力致します。 鶴屋百貨店さんでの「くらしを彩る職人展」、2月27日までの開催です。 どうぞ宜しくお願いいたします。 #fb  via Instagram http://ift.tt/2kNWoVa
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月22日水曜日

From Instagram


熊本の鶴屋百貨店さんでの催事、「くらしを彩る職人展」、今日から開催です! どうぞ宜しくお願いします! #fb via Instagram http://ift.tt/2kJIV0n
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月21日火曜日

From Instagram


熊本やってきました。鶴屋百貨店さんでの催事は、明日から! #fb via Instagram http://ift.tt/2m6o84c
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2017年2月19日日曜日

From Instagram


来週から、熊本の鶴屋百貨店さんで始まる催事に出店致します! 「くらしを彩る職人展」  2月22日(水)から27日(月)  鶴屋百貨店 本館6階催事場にて 震災後、いち早く営業を再開した、熊本を代表する老舗の百貨店さん。 売り場面積は、なんと日本最大級なのだとか! この年になるまで、実は九州には行ったことがありませんでした。屋久島に行くときに、鹿児島空港に降りただけ…。 初めての九州、初めての熊本。 お近くにお住まいの方、ご機会ございましたら、ぜひ! お会いできるのを楽しみにしています! どうぞ宜しくお願い致します。 via Instagram http://ift.tt/2kLoXgQ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...