2015年5月31日日曜日

比べる必要のない、自分たちの幸せ。

友人作の手紡ぎ・草木染め・手織りのストール。

遠く離れた友人達から、嬉しい便りが届きました。

性格も生き様も、追い求めるものも、ユニークな二人。
ずっと夢を追い続け、紆余曲折、
長い準備の末に、やっと見つけた定住の地。

さまざまな困難や厳しさも多々あるのでしょうが、
「楽園のようにいいところです」という言葉から、
理想や夢を実践する場を見出した喜びが伝わってくるようです。

二人ならではの価値観や信念から導き出される暮らしと仕事のあり方と、
そのスタイルの実現のために積み重ねてきた地道な努力は、
自分にはとうていまねのできないものと、いつも感嘆します。

彼ら二人なら、食べるものも作るものも、
自然の恵みを糧とし、自分達で生み出しながら
地に足をつけ、暮らしていけるのではないかと思います。

何ものとも比べる必要のない、自分達の道を見出したとき。
そこに、誰のものでもない、自分達自身の幸せがあるように、
私は感じています。

新しい場所での二人の門出に、心よりの祝福を。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年5月27日水曜日

火造り鍛造フライパンの表層について



火造りによって鉄の表面にできるもの

フライパンをはじめとして、鉄を鍛造するときは、鉄を真っ赤に熱して叩いて形作っていきます。
このことを、「火造り」とも呼び、ガスやコークスを燃焼させた熱で、鉄を熱して赤くします。

この時に鉄の表面が酸素と反応して酸化し、黒皮(クロカワ)や黒錆と呼ばれる酸化鉄の薄い層ができます。
この層は、厚みが数~数十マイクロメートル(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)のきわめて薄い緻密な組成のものです。

熱した鉄を鍛造していく際に、この黒皮がぽろぽろ剥がれていくのですが、部分的に剥がれたり剥がれなかったりするので、再加熱と加工を繰り返していくうちに、表面に独特の凸凹模様が出来ていきます。
熱間鍛造独特の焼き肌なので、その表情も魅力のひとつと言えるかもしれません。



黒錆と赤錆の違い


鉄の錆、と言うと、一番思い浮かべられるのは、茶色い赤錆でしょうか。
先ほど、黒皮(黒錆)は酸化鉄と述べましたが、実は赤錆も、鉄が酸素と反応して(酸化して)できる酸化鉄です。

では何が違うかと言うと、赤錆は常温でも水があると酸素と反応して、内部までどんどん酸化(錆)が進行していき、最後にはぼろぼろに朽ち果ててしまいます。
それに対して、黒皮(黒錆)は、高温の状態で酸素と反応することで酸化反応がおこります。
黒錆は、表面で酸化が止まり、内部への腐食を防いでくれる、良い錆なのです。

これは、鉄と酸素が何個結びついているかが違っているためで、赤錆は酸化鉄(Ⅲ)ですが、黒皮は酸化鉄(Ⅱ、Ⅲ)です。

また、無毒性でもあり、赤錆も黒錆も、弁柄や黒色色素などとして、顔料や焼き物の釉薬にも使用されていたりもします。


フライパン制作時の様子~火造りから油焼き仕上げまで~



フライパンの制作時には、鉄板をコークスの炎で熱して鍛造します。
何度も何度も熱しては叩いて形作っていきますので、そのつど表面に黒皮の層が出来ては部分的に剥がれ、また層が出来ていきます。











火造りが終わり、フライパンの形が出来上がると、仕上げの段階で、電動のワイヤーブラシで落とせるだけの酸化鉄は落としています。

ただし、前述のように、黒皮の層はそれ以上酸化(錆)を防いでくれるものなので、すべて取り去ってしまうことまではいたしません。
あくまでも剥がれやすい部分を落とすだけにとどめています。





その後、洗浄して鉄粉や不純物を取り除いた後、油焼き仕上げを行います。

油の焼付けは、鉄を再度熱し、高温の状態で油をなじませ、焼きつかせていきます。

ここでも高温に加熱するため、熱による鉄や空気の膨張で、表面の黒皮のごくごく一部がはじけたり、ちいさなふくらみができることもあります。






状況を見て、大きなものや剥がれやすいものは取り除き、再度研磨、油焼き仕上げを行う場合もありますが、通常の使用に差し支えないものと判断したものは、出荷いたしております。

油を高温で焼きつかせることで、表面に重合した油脂の層が出来ます。
きちんと重合した層は、べたつきもなく、ちょっとやそっと洗ったくらいでは取れることはありません。

この層でコーティングされていることで、さらに錆を防ぐ効果もあり、また調理の際にも焦げ付きにくく、焼き目も香ばしく、するっとかりっと美味しく出来上がります。




表層被膜の剥がれとメンテナンス


ただし、前述のように、表面の層は、きわめて薄い層ですので、高温に熱して膨張する際や、高温状態から急に水につけるなどして急冷して収縮する際などに、表層にひびが入り、剥がれやすくなることがあります。また、衝撃などでも、部分的に剥がれる場合もあります。
金だわしなどで強くこすったり、剥がそうとすればどこまでも剥がれてしまいますので、あまり強くこすったり、剥がしたりは、なるべくなさらない方が、表層は長持ちします。

上記のように、油焼き仕上げ表層の剥がれは、通常お使いになられる中でも、長い時間の中では発生いたします。
しかし、テフロン加工や他の様々なコーティングを施したフライパンとは異なり、油を焼き付けてコーティングしているフライパンは、ご自身でメンテナンスを施すことができ、そうすることでより長くご使用になることができることが大きな特徴でもあり、利点でもあります。


鉄のフライパンのメンテナンス方法につきましては、こちらの記事もご参考になさって頂ければ幸いです。


このような鉄のフライパンの特徴をご理解頂き、末永くご愛用頂ければ、作り手と致しましても嬉しい限りです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

「森のクラフト展」、会期終了いたしました。


伊勢丹新宿店さんにて開催しておりました、「森のクラフト展」、会期終了いたしました。
皆様にたくさんのご縁を頂き、篤く御礼申し上げます。

大変素敵な方々とご一緒できて、嬉しさとともに恐縮してしまいます。
会期中ずっとみなさんの作品に見惚れながら、自分ももっともっと頑張らないと・・・と気持ちを新たにしました。

展示会の準備もあっという間でしたが、始まってからも、終わるまであっという間。
いつも、あともう少し時間があれば…と、つい思ってしまいますが、時間はあればあるだけ、みな使いきってしまい、どれ程あっても、やはり足りないと思ってしまうもの。


時間が「ない」と思えば、急かされるようでせわしなくもなりますが、限り「ある」時間と思えば、大切に慈しむものもまた、見えて来るようにも思います。
誰にとっても限られた時間を大切に、もっともっと向き合えるように、できる限り良い時間を重ねてゆけるよう、励んでまいります。
また機会がございましたら、ぜひどうぞ、宜しくお願いいたします。

皆様より頂きましたご縁を大切に、次へと発展させていけるように。
また今日から、新しい一日の始まりです。 


「森のクラフト展」

[会場] 伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニング/プロモーション
[会期] 2015年5月20日(水)~26日(火) 10:30-20:00

[木工] 井崎正治  
[家具] 家風     
[ガラス] 大槻洋介 

[陶器] 原田百合子 
[織・鞄] 古田土照子
[木工] Evanista   
[磁器] 鶯窯     
[鍛鉄] Metal NEKO 
                     (敬称略)

※なお、26日-6月2日には、作家入れ替えとなり、引き続き「森のクラフト展」後期日程が開催されます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年5月25日月曜日

伊勢丹新宿店さんにて、「森のクラフト展」開催中です。



5月20日より伊勢丹新宿店さんにて開催しております、「森のクラフト展」。
多くの皆様にお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

初めてご覧くださる方々はもとより、facebookやblogをご覧くださっている方々や、以前ご購入頂いた方々にもお立ち寄りいただき、貴重なご意見やご感想を頂けたことも、大変嬉しく、篤く御礼申し上げます。




また、中国、韓国、フランス…海外の方々にもお買い求め頂ける機会が、とても高いように感じております。
金属探知機にもX線もものともせず、どうぞ良き空の旅を。

都度、追加制作、補充もしておりますが、会期あとわずかとなり、若干完売や品薄の品もでてきてしまい、申し訳ございません。











いよいよ明日、26日が最終日となります。
皆様とのかけがえのないご縁がありましたら、嬉しい限りです。

どうぞ宜しくお願いいたします。




[会場] 伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニンク/プロモーションにて
[会期] 5月20日-26日 10:30-20:00

[木工] 井崎正治
[家具] 家風
[ガラス] 大槻洋介

[鍛鉄] Metal NEKO
[陶器] 原田百合子
[織・鞄] 古田土照子
[木工] Evanista
[磁器] 鶯窯


※なお、26日-6月2日には、作家入れ替えとなり、引き続き「森のクラフト展」が開催されます。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年5月19日火曜日

フライパン、続々。伊勢丹さんでの展示会、いよいよ明日から!


伊勢丹新宿店さんでの展示会、「森のクラフト展」、いよいよ明日からの開催です。
画像は数日前のものですが、制作中のフライパン。

右上から時計回りに、浅形のLL、深形3L、LL、L、M、Sサイズです。
3Lの直径は約26cm、Sサイズだと18cm。
蓋は一点一点、本体と合わせて制作するため、オーダーにて承っております。




T4.5_Fe-FPシリーズも、何とか間に合いました。
ハンドル付きの方は、オーダーメイドの品で、特注仕様になっています。
今回出品する方は、以前UPしたハンドル付きのタイプと、画像前列の深皿(アイアンディッシュ)タイプ。

4.5mmの鉄板から手打ちで叩いて形作った、重厚感たっぷりの、まさに鉄好きな方のためのフライパン。
ぜひ会場にて、実際にお手にとってお確かめください。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

仕事旅行社さんの「鍛冶屋になる旅」。夏はお休みを頂きます。


仕事旅行社さんの「鍛冶屋になる旅」、5月は先々週と先週の開催。
同じ作り方、同じ仕様のフライパンでも、作る姿も出来上がる品も、ひとそれぞれ、様々な形があることを実感します。

フライパンの制作体験、来週は展示会のため、お休みを頂きます。
また、夏の間は、例年猛暑が予想されるため、体験は一時お休みさせて頂こうと思っています。
ですので、体験をご希望の方、6月くらいまでがお薦めです。


  人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年5月13日水曜日

伊勢丹新宿店にて開催される、「森のクラフト展」に出展いたします。


伊勢丹 新宿店さんにて開催される、「森のクラフト展」。
2期に分かれての開催となりますが、前期に当たる5月20日(水)~26日(火)まで、Metal NEKOも出展いたします。

[会場] 伊勢丹新宿店 本館5階 キッチンダイニング/プロモーション
[会期] 2015年5月20日(水)~26日(火) 10:30-20:00

ご機会ございましたら、ぜひどうぞ、お立ち寄りください。
どうぞ宜しくお願い致します。



 ↑画像クリックすると、拡大します。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年5月5日火曜日

父の生き方、自分の生き方。



父が、植木職人の仕事を退職することに。
定年までサラリーマンだった父が、退職後に専門学校に入りなおし、
造園士の資格を取ってから、以来20年近く続けてきた仕事。

周囲にはもう危ないから辞めなよと、何度いわれ続けても、
ずっと続けてきた仕事でしたが、81歳の誕生日を境に、
ようやく本人も踏ん切りがついた様子。

とはいえ、会社員時代から、庭いじりや植木の選定は
趣味のようなものだったので、本当に好きなことだったのでしょう。
もともと、何かしていないと気がすまない性質なこともあり、
ここのところ、やっぱり手持ち無沙汰で、どうもイライラつづき。

そんな父の姿を見ると、思ったりもします。
やっぱり自分にも、同じ血が流れているのだろうな、と。


傍から見たら、もうそんなに頑張らなくてもいいのに、と
思われてしまうようなとき。
本人はただただ、夢中になっているだけなのかもしれません。

自分も思います。ふと、頑張らなきゃ、と思ってしまうようなときは、
どちらかというと、何か歯車がうまくかみ合っていないとき。
そんなときは、ちょっと一息、何がうまくいかないのか、考えながら。


思いが繋がっていくとき。
夢中になれる瞬間は、そんな時。

それは、この手が生み出すものが、
その先にある誰かの喜びに繋がっていく予感がした瞬間。


日々の暮らしも、毎日の仕事も、
みなひとつの流れの中に連なっていくように。

誰かの幸せに、自分の幸せがめぐり合うとき。
生きることに夢中でありたい。



(※メールマガジン、Ryuzu【リューズ】に、9日に1度、短いコラムを書いています。)
[2015年5月4日発行のメルマガに掲載のコラムより。]
http://archive.mag2.com/0000018082/20150504150000000.html


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Fe



自分に出来ることは何か。
鉄で出来ることは何だろう。

Feel the emotion.
Find the essence.


人気ブログランキングへ にほんブログ村 美術ブログ 金属工芸へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2015年5月2日土曜日

linne hut 、今日からの開催です。


さいたま市にあるlinneさんで、今日から開催の展示会、linne hut。

「人は遠い昔においてきた大切な何かを取り戻そうと
 自然の欠片を探し続けている」

山小屋での暮らしをイメージして、陶器、金属、木工、革、布、漆、ガラス、植物、自然物、アートや写真、書籍まで、たくさんの作家さんやアーティスト、職人さんたちの品々が並びます。

Metal NEKOもフライパンなど出品しております。

5月2日(土)-5月10日(日)
11:00-18:00

ぜひ皆様、お立ち寄りください。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...